ひるねしたい

誕生日祝い

今日はモーツァルトの誕生日だそうです。
250周年だそうです。

モーツァルトは偉大です。
偉大というか、超越してると思う。

誰も作りえなかった
あの穢れのない美しさを、
怒涛のように生み出しこの世に残したという意味において。

と同時に、
セイレンにも似た罪深さも感じる。
でも私は惑わされてるうちの一人なので、へらへらとにやにやしてしまうわけです。
優しく、物悲しく、絶品のカクテルのように流れ込み身体を浮かせてゆく。
いやはやモーツァルト以後に生まれてよかった。

そういえば高1くらいのときは、
彼の音楽を聴けば聴くほどその底にあるものがあまりに白すぎることに、戸惑っていた。
底浅いのか、はたまた底がないのか、そこは無なのか、何かで満ちているのか。
底がないように思えるときなんかは、その足元のあまりの心許なさに、怖くて聴けなかった(いまでもときどきあるけど)。
だからあまり聴くこともなく、人間くさいベートーヴェンなんかの方が性に合ってると思っていた。
でも、でもね。
ただ酔いしれる術を覚えてからは、この危ういほどの美しさはこれ以上ないほどの媚薬になるのです。
おかげでどれだけいい思いさせてもらったか。

というわけで
今日は
ソナタやらメヌエットやら
弾けるだけありったけのモーツァルトを弾いて、
モーツァルトに感謝したいと思います。

あぁ。語っちゃった。
お墓、見つかるといいね。
[PR]
by yasaiseikatsu10 | 2006-01-27 23:15 | わーい
<< まなんだこと 曖昧な欲望持ち続けたまま >>



はるですね
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧